« 蚊にさされやすい人… | トップページ | なつかし~いジュース »

2008年6月27日 (金)

お米の正しい保存法

いつも新鮮なおいしいお米を届けてくれる、
丹波の「小多田屋」さんにお米の正しい保存法を教えてもらいました。

お米は乾燥しているので、生鮮食品だと思っている方が多いと思いますが、
実は野菜と同じように、生きて呼吸をしています。
お米の鮮度が落ちると、米粒が粉を吹いたようになります。
これはお米が酸化してしまったためです。
こうなるとお米の味がだいぶ落ちてきている証拠です。

お米の酸化を防いで品質を保つには、
密閉容器に保存するのがいちばん!
それも外から残りの量が見えるプラスチック製がおすすめです。

置き場所は風通しの良い冷暗所に置き、
キッチンは火を使うので、他の部屋よりも温度・湿度とも高くなり、
お米の保存に適した場所とはいえません。
かといって、お米は毎日使うものですから、
キッチンから離れた場所に置くのは不便でしょう。
冷蔵庫に余裕があれば、密閉容器に入れて冷蔵するのがベストですが、
収納できない場合は、当座に使う数日分はキッチンに置き、
残りは納屋などの風通しの良い冷暗所を見つけて保存すると、
おいしいお米の鮮度が保てます。

如何でしょうか?
これから夏本番を迎え、暑さで食欲も落ちてきます。
少しでも美味しくお米を食べて頂ければ幸いです。

|

« 蚊にさされやすい人… | トップページ | なつかし~いジュース »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お米の正しい保存法:

« 蚊にさされやすい人… | トップページ | なつかし~いジュース »