« お鍋の季節 | トップページ | 年の瀬 »

2005年11月21日 (月)

「真似る」と「学ぶ」

「学ぶ」の語源は「真似る」だと、何かの本で読んだことがある。

日経新聞に「痛くない注射針」の記事が出ていた。
「蚊に刺されても痛いと感じる人はまれである。
だったら蚊を真似て針を作れば、痛くない針ができるはず・・・。」
そして実際に開発された針は「痛くない」らしく、
すでに商品化に向けて研究が進められているらしい。
オリンピックの選手の水着も、サメやカワセミを真似て、
そこから学んだ構造を研究して作った。

こうして見ると、私達の周りにはたくさんのお手本がある。
「真似て、学ぶ」と言うことを、今日学んだ。

|

« お鍋の季節 | トップページ | 年の瀬 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「真似る」と「学ぶ」:

« お鍋の季節 | トップページ | 年の瀬 »